クラピア復活

クラピア復活

骸骨みたいになります。(2週間前⇧)

2週間程前に、伸び放題のクラピアを刈り込みました。上の写真中央の茶色くなった部分です。クラピアの茶色のランナーだけが横たわっているだけです。緑の葉っぱが無いので骸骨のように見えます。『ひょっとして枯れたのでは?』と心配しましたが見事に復活です。

下に拡大写真を添付しました。

緑の新芽が出てきました。一安心です。それにしてもクラピアのランナーは不格好ですね。この縦横無尽に這っているランナーが掃除をする時に邪魔をするんです。

ランナーの間に落ちたクラピアの切り屑は拾えません。熊手等で搔き集めようとするとランナーに熊手が引っ掛かって作業になりません。
刈り取りと集草が同時に出来ないと『密』になり蒸れてしまいます。
ハサミやバリカンなら、集めながら切れますが優雅には見えませんし、私の太陽光発電所の面積を考えると現実的な方法では有りません。

色んなサイトで『年に1度は刈り込みを!』と推奨されてはいますが、どうやって刈り込むのか?まで踏み込んだ
サイトがなかったのでアップしました。

大変失礼致しました。刈り込み方法についての記述を発見しました。

クラピア総生産元のグリーンプロデュースさんの紹介記事で『クラピアの刈り込みの深さはお好みで!』の中で、刈払い機を推奨されています。
刈払い機での写真は有りますが、刈り屑は どう処理されたのですか?
写真を見る限り、徒長したクラピアなので木質化したランナーは残ると思います。刈り屑(残渣)はランナーの間に入り込むでしょうし、『蒸れ』を防ぐ上で好ましくないと思います。何を使って残渣を搔き集めたのですか?

一方、私の写真はリール式芝刈機での刈り取り作業後から2週間後です。ランナーの間に残渣が入っていないのが判ります。切ると同時に集草するリール式ならではのなせるワザです。前述の刈払い機と比べて、どちらが『蒸れ』に有効とお考えですか?

To midorisさん
本件、コメント下さい。
このサイトの参加者は、クラピアの成長が楽しみな人が多いですが、早晩、刈り込みが必要になります。
いくら小さなお庭と言えど、その時に『ハサミ』や『バリカン』では可哀想過ぎます。
私は、なるべく楽しく、ラクチンな作業でクラピアの美庭を具現すべく情報を公開したつもりですが、誤りなら訂正が必要です。よろしく、お願いします。

報告する

関連記事一覧

今すぐ会員登録する!

コメント

  1. endo endo

    太くなった茎だけになると確かにちょっと不気味ですね。

  2. Tiger Tiger

    コメント有難う御座います。伸び放題のクラピアを最初に刈り込む場合は、何を使って刈っても、木質化したランナーだけが残り、茶色になります。(その時は後悔しますが、大丈夫、復活します。)
    但し、刈払い機で刈った場合は、切り屑を集める時に発狂しそうになります。

コメントするためには、 ログイン してください。